院内紹介

病院外観の画像

病院外観

国道357号(駒形線)沿い、緑と茶色の看板が目印です。

風除室の画像

正面玄関

院内への出入口は動物たちの安全のため
二重扉になっています。

万が一、動物が離れてしまっても安心です。

受付ロビーの画像

受付ロビー

飼い主様と動物たちが安心して通えるよう、
笑顔でお迎えいたします。

犬用待合スペースの画像

犬用待合スペース

大きな窓から光が差し込む、
当院で一番明るい場所です。

猫用待合スペースの画像

猫用待合スペース

犬が苦手な子でも
安心してお待ちいただけます。

診察室Aの画像

診察室1

小型・中型犬を中心とした診察室です。
ガラス張りになっておりますので、
どのような治療を受けているか
中の様子をうかがうことができます。

診療室Bの画像

診療室2

猫、鳥、小動物を中心とした診察室です。
こちらもガラス張りになっております。

検査・処置室

診察室兼処置室

歯石除去や手術前の処置等を行います。
また、大型犬の診察もこちらの床で
ゆったり行います。

レントゲン室

レントゲン室

動物用のレントゲン照射装置を導入していますので、
撮影時の放射線による動物への被曝を最小限に抑えつつ
鮮明な画像を得る事が出来ます。

さらにパソコンを使ったレントゲンシステムにより、
現像や焼付けが必要な従来のレントゲンと違い、
撮影後すぐに診断が可能です。
交通事故など緊急を要する場合に威力を発揮します。

また、拡大・縮小・陰影をつける事などが可能で、
従来のレントゲンでは不可能だった
細部の診断にも役立ちます。

オペ室

手術室

麻酔器や生体モニター、
高圧蒸気滅菌器などがあります。
広い手術室で、スムーズな動きが確保できます。
常に清潔を心がけ、モニター装置や手術機材の
整備も的確に行っています。
また、超音波検査もここで行います。

犬舎の画像

犬舎

小・中のお部屋があり、下の部屋を2室連結すれば、

やや大きめの犬でもゆったり過ごすことができます。

大型犬用犬舎

大型犬用犬舎

背の高い犬や、超大型犬は

こちらでお預かりいたします。

かなり大型の犬でも
手足を伸ばしてゆったり休むことができます。

猫舎の画像

猫舎

猫やウサギなどの小動物専用のお部屋です。
犬と分けることでストレスを
大幅に軽減することができます。
ウサギなどは持ち込みのケージでの
お預かりもできます。

入院患者用運動スペースの画像

運動スペース

入院やホテルでお預かりの子の
気分転換に利用します。
アスランもよく日向ぼっこをしています。

駐車場の画像

駐車場

7台以上駐車できます。
緊急の場合は玄関正面に
お停めいただくこともできます。